包茎の問題は手術で解決!あなたのお悩み解消できます!【包茎解消】

- 包茎が原因で起こる症状

包茎が原因で起こる症状

「包茎の方は性病になる事がある」と言われています。
包茎の場合には、恥垢が溜まって、それが原因でいろいろな性病が起きてくるのです。
陰部には雑菌が溜まりやすいのです。現在包茎の方はいつも清潔にしておいて下さい。

【性病も様々です】

性病というのは、その定義も様々です。
これは、細菌やウィルス等が原因となったもの、またセックス等で感染したものを性病と行っています。
これは他人への感染はなくペニスの炎症があっただけの時も、性病と言われている事もあります(医学的見地からは誤りです)。
また包茎は性病に「なる事がある」と言われていますが、なりやすいいうだけであって、その防止は可能なのです。
しかし、清潔でないような重症の仮性包茎または真性包茎は問題なのです。
洗浄しようとしても、皮が剥ける事がなく、垢を取り除くことができないのです。
これが原因によって性病になった場合は、保険の適用がある事が
ありますので、近所の泌尿器科で診てもらって下さい。

【伝染の可能性がある性病】

<尖圭コンジローム>
陰茎の中に赤いイボが発症する病気なのです。ペニスまたは、陰嚢(玉袋そして太もも等にもできます。)
ヒトパピローマウィルスと呼ばれている、ウィルスが感染して発症するのです。
ヒトパピローマウィルスというのは、子宮頸がんの元にもなります。
もし発症してしまうと女性にも影響してしまうので、早急な治療が必要なのです。
セックスによっても感染してしまうので、注意をして下さい。
<性器クラミジア感染症>
これもセックスによって感染してしまうものです。
症状は膿が出たり、痛みを出たりするのです。そして重症の場合は内臓にも負担がかかってしまいます。
また合併症も多いので、注意が必要なのです。またクラミジアが尿道感染をすると、尿道炎にもなってしまうのです。

【伝染しない性病とは】

<亀頭包皮炎>

亀頭の箇所が恥垢の影響で腫れてくるのです。真性包茎の場合は何度も発症する場合があります。
<フォアダイス>
陰茎の箇所に白いできものが出来てしまいます。ニキビ等で無害ですが、他の病気との分離が難解なため、クリニックに行って診察して貰って下さい。
<真珠様陰茎小丘疹>
これは、カリ(亀頭の淵の箇所)の箇所に、白い小さな突起物が並んでいるものです。
フォアダイスと同じ、これも無害なのです。
しかし汚れが付きやすくなってくるので、注意して下さい。
<ケーラー紅色肥厚症>
陰部の箇所が赤くなる病気なのです。色素が沈着してくるのですぐに分かります。
これはガンの前兆になる可能性もあるので、早急な治療が必要なのです。

近所の病院に相談してみるのもいい

包茎の病院とは、包茎の治療をすると思っている方も多いかと思います。
しかし、ここでは、包茎の治療以外にも、ペニスの強化などについての診察なども行っているのです。
これは、ほうけい 手術と並行して治療する事もできますので、近所の病院に相談してみるのもいいかと思います。
手術をする場合も同時に強化もしてもらったらほうがいいのではと思います。

【亀頭・陰茎の強化】

亀頭というのは、ペニスの先っぽが亀の頭のような形になっているものです。
亀頭以外の箇所を陰茎と言います。
ペニスの増大方法は、この箇所を「大きく」する方法です。
亀頭の改造は、ヒアルロン酸またはコラーゲン等を使用してするのです。またアクアミドというものを利用する方法は、その効果が半永久的になるとも言われています。
陰茎の強化は、陰茎の中に脂肪を入れて行う方法なのです。

【パール】

これは、真珠またはシリコンボール等を陰茎の中に入れて行う方法です。
これなら見た目も目立ち、また女性もとても悦んで貰えるかと思います。この玉の数またはその位置は思うようになります。これはペニス改造の代表多的なものになります。
またシリコンで造られたリングを亀頭の下の箇所に入れるやり方なのです。

【長茎術】

これはペニスの長さを「長く」する方法です。

体の中に入ってしまって、たるんだ陰茎の元根箇所を引き出して、陰茎の元根の箇所の脂肪を取り込むのです。
これらの方法が有名です。
軽い仮性包茎の場合は、ペニスの長さを変える事によって包茎の悩みも解消できるのです。
こういう手術は、クリニックの治療の中にはありませんので、保険の適用はありません。
この費用は自己負担になってしまいすま。病院の中では、患者が望んでないのに半ば強引に手術を勧める所もあるのです。
ですので、自分に合ったサービスかどうか、よく検討してみて下さい。そして、強引な勧めに乗らないようにして下さい。
要するに、その場ですぐに決めない事なのです。まず家に帰って、よく考えて行動して下さい。
最初にも言いましたが、クリニックによっては改造メニューも違ってきますので、いろいろな病院に行って、相談してみましょう。
あなたに合った改造法見つかるかと思います。