包茎の問題は手術で解決!あなたのお悩み解消できます!【包茎解消】

- 医学的見地からも治療が必要なのです

医学的見地からも治療が必要なのです

真性包茎というのは、医学的見地からも治療が必要なのです。
真性包茎の手術は切除手術が有名です。
【真性包茎は病気ですか?】
真性包茎というのは、包皮輪(亀頭が覆われている皮の先端部分の輪になっている箇所)がとても狭くなっており、皮を剥けない症状の事をいいます。。医学的に見た
「包茎」は、、真性包茎のことを言うのです。真性包茎は治療が必要となってくる病気なのです。ですので、保険の適用があります。保険を使用した手術はおよそ
1〜3万円程でできます。自由診療の手術の場合が10〜30万円と言う事なので、とても安い費用で治療ができるのです。
真性包茎は何故病気とし看做されているのでしょうか。それには、次の訳があります。
・皮を剥けないために、恥垢が溜まり、細菌や性病の原因になっています。それが原因で、亀頭炎等の病気が増えてくるのです。
・セックスの時に痛みが出てきて、快適な性生活を送れない。そして激しく動くと炎症をしてしまう事もあるのです。
単純に真性包茎だげでは病気とは看做されませんが、前述のような症状があると病気として看做され保険が使えるのです。
【真性包茎の手術方法】
<切除手術>
軽い仮性包茎のケースでは、恥骨部脂肪吸引法または、ナチュラルピーリン等のやり方でペニスの皮を切る事なく、治療ができるのです。けれども真性包茎は、これらのやり方
では、効果もないのです。ですのでたいていのケースでは切除手術という事になります。保険の適用がある場合、手術自体は、美容が目的ではなくて、病気をよくする事
が目的となります。ですので手術法はそんなに多くはありません。
手術の痕が残る場合もあります。また「包茎」を完全によくするという訳ではなく、仮性包茎にするだけというケースもあるのです。
<ステロイド剤>
幼児期の真性包茎では、ステロイド剤を使用した治療が普通になっています。この方法を成人にも適用できないかという事が話題になっています。
<自分で剥くやり方>
器具や自らの手を利用して包皮輪を広げる方法もあるのです。けれどもこのやり方は、裂傷が出てくる事もあり、とても危険なのです。この包皮に傷が侵入してしまうと
感染症になったりする場合もあります。そして包皮の傷が元で、包皮と亀頭の癒着が発生する事もあります。その結果包茎の症状が悪くなる事もあるのです。
病院での指導の元に行っていくようにしたほうがいいでしょう。真性包茎の手術に際しては専門医の指導を受けるのがいいかと思います。

関連記事: