包茎の問題は手術で解決!あなたのお悩み解消できます!【包茎解消】

- 治療の痕が分かりにくくなります

治療の痕が分かりにくくなります

包茎治療と聞くと切る手術を想像する方もいるかと思います。
けれども今では、切る事のない手術方法も増加してきています。
ここでは、包茎のいろいろな手術方法を見てみたいと思います
【切除による手術】
今でも、包茎治療の主な方法は切除手術です。以前は「傷痕」が残ったり、また「ツートンカラー」になったりなど、いろいろと問題が出てきました。けれども今ではいろいろな
手術の方法が出てきて、その危険性も減ってきました。それに比例して、医師の技量や、経験年数などが必要となってきているので、病院や執刀医はとても大切になって
きるのです。
【ステロイド剤での治療】
リンデロンVG軟膏と呼ばれるステロイド剤を使用した手術が、幼児期での包茎で行われています。この薬を塗って、その癒着をよくして、皮膚が柔らかくなって
その結果、自然と剥けてくるようになるのです。
これは、大人では行われていませんが、大人の真性包茎に対して効果があるかもしれないのです。
【恥骨部脂肪吸引法】
人間は太ると、陰茎の根っこに贅肉が溜まり、それによりペニスがが短くなってくるのです。この結果包茎は悪くなっていきます。
この方法は、恥骨の箇所を切って、機械を使用して脂肪を取り込む手術なのです。ペニスそのものにはメスを入れないので、治療の痕が分かりにくくなります。
けれどもこれは、軽い包茎にしか効果がないという事なのです。
【ペニスの伸長】
これは、サプリメントや器具または手術をして、ペニスを長くするものなのです。陰茎が長くなる事によって、余計な包皮が減ってきます。そのため間接的な包茎の治療を
している事になってくるのです。
【剥き癖を利用する方法】
ペニスを覆っている皮は伸縮性や柔軟性があります。剥けた症状をそのままにしていると「剥け癖」がつき、そして包茎状態がよくなる事があります。これを応用した
治療法なのです。
これには次のようなやり方があります。
・市販の矯正器具を使用する場合(リングみたいなものや固定するもの等)
・ナチュラルピーリング法(これは自然に消える糸を利用して包皮を固定する方法)
・医療用の接着剤を使用して剥くやり方
これらのやり方は、とても軽い症状の仮性包茎にしか効果が出ないので、元に戻る事もあり、確実な方法とはいえません。けれども切る事がないので、費用も安くなっているのです。

関連記事: