包茎の問題は手術で解決!あなたのお悩み解消できます!【包茎解消】

- 毎日の手入れなのです

毎日の手入れなのです

包茎を治療したい理由は様々です。けれどもペニスというのは男性にとってとても大切なものなのです。
その理由が本当なのか、また手術の他に解消できる方法はないのか、などをよく検討して治療をするのがいいでしょう。
【包茎は不衛生?】
包茎そのものが不衛生という訳ではありません。たいていの日本人は軽い仮性包茎という事なのです。このケースでは、皮を剥いた後、恥垢を取り除きます。
恥垢というのは、悪臭または病気そして性病の元になってきますので、いつも清潔に維持する事が大切なのです。
手術でよくなったとしても、垢は溜まってきます。しかし少しは垢が溜まりにくくなるといった感じです。
【包茎は女性に嫌がれる?】
女性の方が包茎を嫌がる最大の一番の理由が、その臭いなのです。皮で覆われている姿は「かわいい」と感じている方もいるのです。
この臭いの解消は、毎日の手入れなのです。
手術で包皮がなくなると、快適なピストン運動もできず、その結果女性器に損傷を与え、痛みも出てきます。包茎をよくしたのに、嫌われたというケースも実際あります。
【包茎は早漏?】
皮で隠れており、外気にも触れないの早漏になる、という事は根拠は何もありません。早漏には精神的な面も結構多いのです。
包茎のため、性的なコンプレックスがあれば、治療をする事によって、自信を回復させる事もできるのです。こ事からも、包茎手術をする事によって早漏の効果も期待されるの
です。
【治療が必要な方というのは】
包茎は病気ではないのです。日本においては、見た目が悪い、という印象があるのかもしれませんが、ヨーロッパ等では、包茎は普通の光景と言われています。
子供の時分はみんなが真性包茎なのです。ですので「恥」という事はないのです。
実際に治療または手術が必要となるのは、包皮の口が狭くなったカントン包茎の方や、真性包茎の方なのです。垢を取り除くことはできません。また性行為時に痛みが
発生する事もあります。
【保険適用】
カントン包茎または真性包茎の方は、普通は保険の適用があり、その範囲内において治療ができます。保険診療の判定は、「病気」かどうかなのです。痛みがあり
快適な性生活を送る事ができない方や、炎症がいつも出ている方等は保険の適用があります。
逆に、仮性包茎の方で「女性にモテたい」「もっと自信をもちたい」「格好よくなりたい」などといった理由での治療は全額自己負担になります。

関連記事: