包茎の問題は手術で解決!あなたのお悩み解消できます!【包茎解消】

- 包茎と直接の関係があるという事なのです

包茎と直接の関係があるという事なのです

包茎はガンになりやすいという話があります。それは主に、陰茎ガンまたは子宮ガンになりやすいというものでした。
陰茎ガンと包茎との因果関係はあながち否定できません。
しかし、子宮ガンと包茎とはなんら因果関係がないという事なのです。けれども間接的な原因はありうるので注意して下さい。
【陰茎ガンと包茎の関係】
陰茎ガンとは、ペニスのガンにという事なのです。日本においては珍しいのですが、包茎と直接の関係があるという事なのです。
日本の方の3人のうち2人は包茎と言う事なので、とても注意を要するかと思います。
包茎なので、必ずガンまたは病気になるという事ではないのです。亀頭が皮で隠れていると、垢が溜まります。これを恥垢と言うのです。これが雑菌の元になります。
そして悪臭の元にもなるのです。仮性包茎の方は、毎日の洗浄でこれを防止する事ができます。
陰茎ガンと包茎との因果関係は、医学的には証明されていません。けれどもアメリカ等の包茎手術が多い地域によってはその発症率は低くなっているのです。
どらにしても、洗浄すらできない重い仮性包茎または真性包茎の方は診察を受けて下さい。
【子宮ガンと包茎の関係】
子宮ガンの中において、子宮頸がんというのは、ヒトパピローマウィルス(HPV)という細菌が原因と言われています。近頃では、ワクチンの接種も普通になってきました。
また、前から子宮頸がんの原因は包茎という話がありました。今では、HPVというのが直接の元であると確定しており、この説は否定されているのです。
けれども恥垢がHPVの元になっていると言うことも有りうるのです。HPVが元で陰茎ガンが起こるという指摘もあるのです。
HPVは性交によって感染します。
子宮頸がんの防止のために…
1.多くの方とセックスをしないい
2.コンドーム等、性病防止に努める
3.ワクチン接種を心掛ける
4.包茎男性の恥垢を洗浄する
などの方法を取って下さい。
原因は包茎だけという事ではないのです。最初に、直接の原因ばかりでなく、間接的な要因を説明しているのはそういう意図もあるのです。女性のガンの防止のためにも
重い包茎の方は病院で診察を受けて下さい。炎症が起きたり、セックスが十分にできない等の症状がある時は、包茎治療でも保険の適用があるのです。

関連記事: