包茎の問題は手術で解決!あなたのお悩み解消できます!【包茎解消】

- 皮にとても負担がかかってくるのです

皮にとても負担がかかってくるのです

包茎手術というのは、基本的には誰でも受ける事は可能なのです。
けれども、その中には手術を「するべきでない」方もいるのです。自分にこの手術が本当に必要かどうかよく検討してみて下さい。
【外観上の問題を追求している方は向いていないのです】
「勃起の状態ではない時も普通の形にしたい」という方は、手術を受ける事によって弊害が出るケースもあります。
これは「正常時の長さが4cmの方」がいつも剥けている感じの状態に治療をしたとします。
勃起をしていない時はこれでいいのですが、仮に勃起をしてしまうと、皮にとても負担がかかってくるのです。これは、つっぱった感覚があり、違う方向に反る事も出て
くるのです。
勃起率が高い人(平常時と勃起時の差が4倍以上ある場合)の方も、手術をしない方がいいもしれません。
「通常は4cmですが、勃起をすればそれが16cmになってしまう」という方は、4倍以上の勃起率という事になります。これを4cmに合わせて皮の切除をすると
12cmの長さが足りなくなります。これでは張ってしまうのも当然なのです。
手術でにおいては、皮を若干余らす事によって、その違和感を抑えるようにはできます。しかし前述の例では、16cmに合わせて切除していくのです。しかし
「仮性包茎みたいなので、あまり好きではない…」と感じてしまう方には、向いていないのです。外観上を気にする方は、むしろ恰好悪いペニスなる事もあるのです。
実際、どの程度切除をすればいいか、これは専門医によく診断してもらって下さい。勃起率が高い場合には、前もって申告しておくといいかもしれません。
【女性とのセックスを楽しみたいという方】
セックスを楽しみたい!という方は、手術をしない方がいい事もあります。手術は、包皮の先っぽを切除しますが、この箇所は快感を高揚する働きもあるのです。
この箇所が失われれば、快感を得る事もなくなる事があるのです。
けれども真性包茎等で、実際に生活に支障ある方は即手術が必要になってきます。
【未成年者】
ペニスというのは18歳まで成長するのです。中・高校生の時にこ包茎の状態でも、その後成長によって解消する事もあるのです。
この時に切除すると、皮が張ってくるという弊害も出てきます。

関連記事: