包茎の問題は手術で解決!あなたのお悩み解消できます!【包茎解消】

- 自ら元に戻す事ができるのか試みて下さい

自ら元に戻す事ができるのか試みて下さい

包茎の状態によっては、手術をしないといけない時も出てきます。この場合、たいていは健康保険の適用があります。おおよそ1〜3万円程で手術ができ、
ますので金銭的な負担をかける事もなくなります。まずは病院に相談してみましょう。
【手術が必要な方】
ここでいう「必要」とは、医学的見地からのものを指しています。外観が気になる・またはモテるためになどの理由での手術では、医学的見地からの手術に該当しません。
この場合は、美容整形と同様に自由診療の手術です。必要・不要という判定ではなく、「手術をしたい」「手術をしたくない」という問題なのです。
この場合自ら情報収集をして判断しましょう。
手術が「医学的見地から」必要となる場合は、カントン包茎または真性包茎の時なのです。このケースは、世界的にも見ても「病気」として認定されています。
カントン包茎は、包皮輪(亀頭を覆っている皮の先端部分)が狭くなっているタイプの仮性包茎で、その方が無理に皮を翻転させてしまって、充血してしまう症状なの
です。そして血流が停止してしまい、最悪の時には壊死してしまい、切断する事もあるのです。包茎の中においても、最も危険な状態なのです。
嵌頓(カントン)にの状態になれば、自ら元に戻す事ができるのか試みて下さい。(無理のない程度において)。そして元に戻らない状態であれば、治療が必要なのか
どうか悩んでいる時間はないのです。すぐに泌尿器科等の診察を受けて下さい。
真性包茎というのは、皮が剥けない症状のことなのです。この場合は、カントン包茎のように重症ではないのですが、どうしても恥垢が溜まりやすくなって、不潔に
なってきます。そして亀頭包皮炎等の病気が起こる事もあるのです。また、セックスの時に痛みが出てくる事もあり、快適な性生活を送れない事もあります。
こういう時は、病気として認定されて、保険を使用して治療ができます。真性包茎なので、すぐに手術という事でもないのです。これは、塗り薬等を使用した
治療も今ではあるのです。その症状にもよりますが、まずは病院で相談してみて下さい。
【保険の適用】
包茎が治療が必要と認定されれば、保険の適用があります。保険の適用がある病院と、ない病院がありますので、前もって確認などしておいて下さい。
保険を使用できれば、手術の費用はおおよそ、1〜3万円程度でできてしまいます。

関連記事: