包茎の問題は手術で解決!あなたのお悩み解消できます!【包茎解消】

- ちゃんとその知識を把握してその後に手術を実施して下さい

ちゃんとその知識を把握してその後に手術を実施して下さい

包茎手術か本当に必要なのかどうか、その判断が難解なのが、カントン包茎の方と言われているのです。
カントン包茎は、なかなか分かりにくい症状ですが、真性包茎と仮性包茎の間のものだと思って下さい。
要するに、包皮が翻転する事ができたり、できなかったりという事なのです。
もう少し詳細を見てみると、カントン包茎は、平常時は亀頭を出す事ができるのです。
けれども、勃起の時には亀頭を出そうと、包皮輪が狭くなって、亀頭の締めつけがあり、また痛みを伴う事もあるのです。
これが原因で、平常時はめくれるぐらいの包皮輪の幅、と言うことがいいかと思います。
カントン包茎での締め付けがきつい時に、無理に包皮を剥くと、真性包茎での包皮を無理に剥くと同じ現象なのです。
要するに、とても痛みが出たり、裂ける事もあるのです。
そしてカントン包茎は、真性包茎とは異なって、て無理に剥くと剥けることもあります。
また、きつくなっているものを無理に剥いてしまえば、包皮が戻る事がなく、腫れが出たり、充血したりしてくるのです。
こうなれば大変なので、至急病院で手術をして下さい。
カントン包茎は、多少の締め付けがありますが、翻転は通常どおりにできる事もあります。
その場合は包茎手術はしなくていいので、とても難解に箇所になります。ですので、一人で判断しないで、専門医に相談して下さい。
包茎手術は、カントン包茎の場合には、ちゃんとその知識を把握してその後に手術を実施して下さい。

関連記事: