包茎の問題は手術で解決!あなたのお悩み解消できます!【包茎解消】

- なんら根拠はないのです

なんら根拠はないのです

包茎は早漏などと、よく言われていますが、包茎と早漏の間には、なんら根拠はないのです。
包茎は、肌が隠れている事が多いので、いつもより敏感になりやすいという事も言えますが、仮性包茎も一日に一回以上は外気に接する事もありますが、真性包茎または
カントン包茎では、全く外気に接することもないため、感じるより先に痛みが出てくるのです。ですのでこの考えは事実ではないと言えます。
そして、早漏自体は精神的なのものが多いので、包茎からくる悩みや包茎=早漏の固定観念などを引き起こしていく事もあるので、その時は、早漏の原因は包茎というわけでは
なく、精神的要素が原因となってくるのです。
若い方は射精も早いのですが、セックスの経験があまりなかったら、この性欲の操作も難しくなります。
また女性は男性に比べて、セックスに満足するまでの時間も長いため、操作かする事なく、男性が勝手に射精をすれば、当然のように、相手の女性も不満が残って
しまい、それゆえに早漏と看做されていくのです。
このように、セックスの経験が少ない方も、やはり包茎は偏っているという事です。
これらの事から、包茎と早漏の因果関係は、どちらかというと偶然のものであるのでは思います。
早漏の原因が包茎という訳ではなく、それは、早漏の方の条件または包茎の方の条件と一致する事が多いからなのです。
仮性包茎の方もセックスはできますので、正しい知識を把握して、相手とより多くの経験を積むのもいいかもしれません。
治療がいらない仮性包茎の場合でも、経験を多くする事によって、包茎、早漏もよくなる事があるのです。

関連記事: