包茎の問題は手術で解決!あなたのお悩み解消できます!【包茎解消】

- 感染者数がとても多い性病なのです

感染者数がとても多い性病なのです

包茎は性病になりやすいと言われますが、包茎が原因の性病の中に、性器クラミジア感染症というものがあるのです。
性器クラミジア感染症というのは、感染者数がとても多い性病なのです。日本においての感染者数はおよそ100万人以上と言う事なのです。
仮に感染があっても、症状がわかりにくく、気が付きにくい事もあり、そのままセックスをしてしまう事もあり、それが原因で、感染者が増えているという事です。
その症状は、主に尿道においてい透明の膿が出たり、また痛みを伴なったりなどです。
それが進むと、精巣上体が腫れてきたり、発熱が起こったりすることもあります。また他の性病と一緒に出る事もあるとても危険な病気です。
けれども、無症状または症状が軽いのが特徴なので、尿道に違和感がある等、ちょっとでも感じてきたら一度検査をしてみて下さい。
感染は、セックスが原因になってきます。
性器クラミジア感染症というのは、クラミジアトラコマティスなどの病原体によって感染してしまいます。そしてこの病原体というのは、感染者からの粘膜の接触があったり
また、精液、膣分泌を仲介して起こる事もあります。
男性は咽頭に感染する事もあり、咽頭感染している時は、相手とのディープキス等で、さらに感染率が上がっていくのです。
これは、包茎に限定しているものではありませんが、包茎というのは、亀頭を包皮が覆っているので、病原菌の保有率も高くなっていくのです。
性器クラミジア感染症の感染者は、エイズウイルスの感染率もおよそ3〜5倍になってくるので、そのへんの知識もをよく持っておく事が大切なのです。

関連記事:

  ← 前の記事: